高齢出産道場 40代からの出産・リスクと幸せ

HOME >> 高齢出産のリスク >> 高齢出産と帝王切開

高齢出産と帝王切開

高齢出産では帝王切開で出産する確率が多いようです。

理由の一つとして産道の問題があげられます。高齢出産者の多くは産道が硬く経膣分娩(自然分娩)では難産になる恐れがありその為鉗子分娩(鉗子(かんし)とは、金属制のへらを2枚組み合わせたもので胎児の頭を両側からはさんで引きだす出産)や吸引分娩(吸引カップの陰圧で胎児の頭を吸着し、それを引っぱって胎児が出てくるのを助ける処置)に至る場合が出てきます。

難産になると母体は勿論胎児にとっても負担です。この負担を取り除く為高齢出産の方には帝王切開での出産を進めているのです。自然に出産したいと思う気持ちはよく分かりますが自ら危険な道を選ぶ事はありません。赤ちゃんだって苦しいのは嫌なはずですし苦しい思いをしているお母さんを見るのも嫌でしょう。勿論個人差があり全ての高齢出産の方が当てはまる訳ではありません。しっかりお医者さんと相談し少しでもリスクを負わない出産に出来るよう考えて行きましょう。

ページトップへ

■高齢出産のリスクの記事一覧


ページトップへ

ピックアップ!!

スポンサードリンク

高齢出産道場 40代からの出産・リスクと幸せ